大人ニキビの原因と対策

“10代の思春期に出来るニキビの原因は、過剰な皮脂分泌ですが、大人になってもニキビは出来てしまいます。この大人のニキビの主な原因の一つが、肌のターンオーバーが上手くいかないことによる角質肥厚。角質が厚くなることで毛穴を塞いでしまい、皮脂が詰まってしまってアクネ菌が増殖、ニキビになってしまうのです。そして、この大人ニキビは、特に春に出来やすいそうなのです。
春にニキビが出来やすくなってしまう原因は、いくつかあります。一つは、紫外線量が徐々に多くなっていくこと。紫外線によって皮脂が酸化してしまい、結果的に角質を厚くしてしまうようなのです。もう一つは、ストレス。春は新生活が始まることで環境の変化が多くなり、それに慣れるまでは特にストレスが溜まりやすい状態になっています。ストレスを受けて心身共に疲労が蓄積していき内蔵機能が低下、それによって血液の浄化機能や老廃物排除機能も低下していきます。それを引き金に、ニキビが発生しやすくなってしまうのです。
これらの原因からニキビの予防方法を考えてみると、やはり、紫外線対策が大切になってきます。紫外線は初夏から秋になる頃までが一年の中でのピークですが、2月~10月くらいまでは結構な量が降り注いでいます。夏だけ、と限定するのではなく、1年中気を抜かずに対策することが大事なようです。
また、出来るだけストレスを溜めない、休息を充分に取る、バランスの良い食事を心がける、ということも大切です。体の新陳代謝を良くする事で、肌のターンオーバーも正常に保てるようになっていきます。
このように見ていくと、大人ニキビの対策は、健康管理にも直結しているようです。”

セラミド配合化粧品でニキビを改善

“思春期のニキビは、ホルモンバランスの乱れで皮脂分泌が過剰になることが原因です。ニキビケアは過剰な皮脂を取り除くための洗顔です。大人ニキビは乾燥が原因です。思春期のニキビとは原因が違うので、ケア方法も違います。
乾燥すると紫外線から守ったり、水分蒸発を防ぐ役割をしているバリア機能が低下します。バリア機能が低下すると、肌を守るために角質が厚くなります。厚くなった角質で毛穴がふさがれて皮脂がたまりニキビとなります。
大人ニキビを改善するには保湿ケアが必要です。化粧水を使って保湿をします。
保湿をしてバリア機能の回復を促す成分がセラミドです。セラミドには4種類あります。1つめはヒト型セラミドです。バイオセラミドとも呼ばれていて、人の肌に存在するセラミドとほぼ同じ構造をしています。2つめは疑似セラミドです。石油系原料から作られます。3つめはミルクセラミドです。牛乳由来のセラミドです。4つめは植物性セラミドです。米ぬかや小麦胚芽から抽出されます。
4つの中で一番保湿力が高いのがヒト型セラミドです。浸透がよく、保湿力が高くて、刺激性が少ないのが特徴です。成分をナノ化したヒト型セラミドは、角質の隅々に素早く届き潤いを与える働きがあります。
使い続けることで潤いが生まれ、ターンオーバーが正常になり、皮脂分泌も正常に行われてニキビが改善に向かいます。”

つかってみんしゃいよか石けんにはまっています

UY 女 30代 主婦

“私はつかってみんしゃいよか石けんにはまっています。毎日この石けんで洗顔していますが、テレビCMでもやっているように、もちもちのあわが出来るのです。石けんを買うと、泡立てネットも一緒についてきますので、それを使うと誰でも簡単にもちもち泡を作れます。私は泡立てネットが余りすぎて困っているくらいなので、今は泡立てネットはいらないと言ってあるのでついてきません。500円玉が乗るってやってますが、本当です。それだけのもちもちのあわで洗顔できるのです。洗顔しているとき本当に至福の時です。顔中真っ白になって気持ちがいいです。
使いだたのは産後に肌の調子がすごい悪かったので、この石けんを使ったら、良くなるのではという期待を持って使いだしました。本当にすぐに肌の調子がよくなりました。すべすべで、妊娠前よりも、色が白くなりました。友達からも、色白いね~。こんなに白かったっけ?とよく言われるようになりました。
最近では顔だけではもったいない気がして、体中、このつかってみんしゃいよか石けんで洗っています。
今使っている化粧品にしっくり来ていない人は一度試してみたらすぐに良さが実感できると思いますよ。そして、私のように急に、肌にトラブルが出てきた人も試してみることをおススメします。”