にきびとストレスの意外な関係

“ 誰しもできてしまった「にきび」が、なかなかきれいにはなくなってくれないので、困っているのではないでしょうか。上手に取り去ったつもりであっても、なぜか跡が残ってしまったりする場合もあって、にきびのせいで美を損なってしまうと嘆いている人も多いかもしれません。
にきびができなければいいのにと思う人もいるかと思いますが、そもそもにきびはどのようにしてできるか。それはホルモンの働きによるところが大きいのです。人間の身体はストレスを感じると、ストレスを軽減しようと、男女のホルモンバランスに変化が生じます。体質を調整してストレスに耐えることのできる体質に変化をさせようと体が起こす自己防衛反応なのです。その反応が起きると各種のホルモンが生成されますが、特にストレスを請けて過敏に反応することで、副腎皮質ホルモンが分泌されやすくなります。このホルモンが分泌されると男性ホルモンが急激に増加し、その結果皮膚の脂分が増加します。脂分が多くなり過ぎれば、にきびもできやすくなってしまいます。つまり、ストレスを感じることでにきびができやすくなってくるわけです。
ストレスを感じないようにがんばってくださいというだけでは無理があります。やはりストレスを上手に回避しつつ、油脂をしっかり取り去ること、肌の汚れを速やかに取り去ることが欠かせません。男性であってもあぶらとり紙を使うというのは、にきび予防にはとてもよいことだといえますね。”